放射線治療 乳癌

放射線治療は、抗がん剤と同様によく行われる癌の治療
法のひとつです。
放射線により癌の細胞分裂を停止させ、腫瘍を小さくす
るものです。

乳癌や胃癌、大腸癌などの腺癌は、そのほかの癌に比べ
て放射線治療が効きにくい癌です。
しかし、腺癌の中でも乳癌はもっとも放射線治療の効果
があります。

乳癌の放射線治療は、乳房温存術後や乳房切除後、乳房
全体に行われます。
また、病状が進行し切除の出来ない場合や、合併症のあ
る患者さんや高齢の患者さんなど手術が受けられない方
でも治療が出来ます。

放射線治療は局所治療のひとつで、腫瘍とその周辺にX線
を照射します。
手術では、直接腫瘍をとその周りを取り除きますが、放射
線治療はX線により、癌細胞の分裂をとめ死滅させます。

乳癌の放射線治療の場合は、だいたい週に5回続けて照射
することを5週間続けます。
再発を防ぐ効果を高めるために、この方法がとられます。

症状によっては、5週間の照射が終わったあと、更に追加
して照射する場合もあります。
特に、最初に癌細胞が発生した辺りは、再発の可能性が
高いため、その辺りのみに追加照射を行います。

乳癌の放射線治療の副作用は、深刻なものはほとんどあ
りません。
ただ照射した部分は、日焼けしたような状態になってき
ます。

その場合は、塗り薬が処方されますので、必ず医師に相
談しましょう。
そのほか軽いものではありますが、倦怠感、食欲不振、
白血球低下などが現れる場合もあります。
≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法