すい臓癌 末期

すい臓癌は、自覚症状がない早期発見しにくい癌です。
発見時にはすでに進行していて、手術が出来ないことも
多いです。

すい臓は強力な消化液を十二指腸分泌し、インスリンな
どのホルモンを血中へと分泌しています。
すい臓癌になるとインスリンの分泌機能が侵され、糖尿
になったり糖尿病が悪化することがあるので、血糖値以
上によってすい臓癌が発見されることもあります。

進行すると、すい臓が大きくなり分泌される膵液(すい
えき)が通る管が圧迫され、背中や腰の痛みなどの症状
が出てきます。
原因不明の痛みを感じ、診察を受けたところすい臓癌の
末期であった、というケースも非常に多いです。

すい臓癌の末期には背中の痛みだけではなく、黄疸がひ
どくなり、皮膚や白目が黄色くなったり、体がかゆくな
ったり、尿の色が濃くなったりする症状が顕著になりま
す。
また、消化機能の低下による食欲不振や急激な体重減少
があります。

すい臓癌の末期は多臓器への転移が多くみられ、肝臓や
肺、最終的には骨や腎臓、脳へ転移することもあります。
リンパからの転移では、十二指腸や横行結腸・総胆管な
どへも転移します。

すい臓癌の有効な治療方法はいまだ確立されておらず、
末期での発見の場合、完治の望みは薄いですが、鎮痛剤
による痛みの軽減抗がん剤や放射線治療で延命効果があ
ります。
また、切除手術後に放射線治療や化学療法など他の治療
法を併用することにより、再発防止・転移の危険性を低
く抑える治療方法もあります。
≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法