大腸癌 名医

癌は、完治はしないものの発見が早いほど生存率が高い
病気と言われています。
生存率とは、治療開始からの5年後、10年後の生存率の
ことです。

中でも生存率の高いと言われている癌のひとつに、大腸
癌があります。
大腸癌は、健康診断などで発見され治療や手術をして、
転移の兆候もなく元気に過ごしている方も多くいます。

癌と告知されると、完治しない、死に直結した病気、再
発や転移への恐れ、入院生活、変化していく家族の生活、
治療費などの経済的な問題など数え切れないほど不安が
押し寄せてきます。
その一つ一つの不安を、患者や家族だけでクリアにしてい
くことはとても難しいことです。

また、他の癌に比べると高いと言われている生存率も、
発見の時期により大幅に違ってきます。
大腸癌の名医と言われている医師ならば、最先端の技術
や研究データをもち、より適切な治療をしてもらえるの
ではないか、そのような事ももちろん考えます。

そして、最先端医療には高額な治療費が掛かるのではな
いか、考えれば考えるほど悩ましいことが山積になりま
す。
経済的な問題はクリアになっても、病気に関する不安の
全てを解消してくれるような名医に診察してもらえる偶
然は、そう誰にでもあるものではありません。

有り余る情報の中から、大腸癌の名医を探し出すことは
砂漠で針を探す事に似ています。
病気自体を直すこともさることならが、目の前の不安材
料を少しでも減らすことこそ、大腸癌の名医の役割のひ
とつと言えます。
≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法