肺癌 転移

肺癌は大きく、小細胞癌と非小細胞癌に分けることがで
きます。
その他細かい種類やケースにより、治療法が異なります


抗癌剤による化学療法や放射線治療、癌化した部分の除
去手術、またはそれらを組み合わせたり、ケースバイケ
ースで治療が進められていきます。
小細胞癌は、抗癌剤や放射線治療が効果的です。

非小細胞癌は、初期で軽度で肺癌の転移がない場合は、
除去手術での治療が可能です。
放っておくとすぐに進行してしまうので、除去できるう
ちに手術することが確実で賢明なのです。

しかし、進行が進んでいる場合などには、抗癌剤治療が
行われることもあります。
肺癌の大きな原因としてよく言われているのが、タバコ
の喫煙です。

患者の80%が、喫煙の経験があるというデータもありま
す。
また、喫煙者でなくても、発症するタイプのものもあり
ますので、一概には言えません。

近年の死亡者数のトップの座を占めているだけあって、
初期段階ではあまり症状も出ず、発見が難しく、症状が
表れた頃には他にも肺癌が転移していたり、治療が困難
になっていることも珍しくありません。
その上、発症するのは高齢者が多く、治療に対するリス
クは必然的に高くなります。

従って、積極的な治療を控えることの方が、かえって、
延命につながる場合もあります。
肺癌は高齢者であっても進行が早いことも難点です。

また肺癌は転移もしやすく、とても厄介な癌だと言えます。
完治の難しい病気ですが、しかし、他の癌と一緒で、早
期発見によって治癒率は高くなりますので、定期的な検
査を心掛けたいものです。

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法