ガン 胆管

胆管とは、肝臓で作られた胆汁を十二指腸へ流す管の部
分をいい、胆管に悪性腫瘍ができることを胆管ガンとい
います。
このガンは、乳頭部胆管に発生した場合は、乳頭部ガン
と呼び発生部位により細かく分類されています。

胆管ガンへと病状が悪化する可能性がある危険な症状と
して、膵胆管合流異常症、胆管炎、胆石症、潰瘍性大腸
炎、クローン病などがあげられます。
胆管ガンを自分で見つけることができる症状として、尿
や皮膚や目の色の変化があります。

胆汁には色素ビリルビンが含まれているため、尿は醤油
のように赤褐色になり、皮膚や白目部分は黄色くなり、
黄疸の症状が現れてきます。
それは、ガンの発生部位にあたる胆管は、肝臓で生成さ
れた胆汁の通り道である非常に細い管のためです。

ガンは胆管の内側にある粘膜の部分から発生します。
そのため、小さなガンができただけで、容易に塞がって
しまい、行き場を失った胆汁は肝臓内の血管に入り込ん
でしまいます。

医学技術の進歩により、現在では、超音波検査、CT検査
、MRI検査、経皮経肝胆道造影、逆行性胆管造影などの
画像診断で、早期発見が可能になっています。
検診で肝機能障害と診察された後に、胆管ガンが発見さ
れるケースもあります。

胆管ガンの治療方法としては、切除手術が現在では基本
となっています。
まず、黄疸を除く治療を行い、手術によりガンのある胆
管を切除し、胆管以外に転移している場合は、その周囲
の組織や肝臓の一部を切除します。

数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜