ガン 転移

医学が発達している現在でもガン転移によって命を落と
す人は多く、一度腫瘍が出来るとその後の経過観察も重
要になってきます。
ガン転移とは、いったん出来た場所ではなく、そこから
離れた場所に腫瘍が移動して、そこで再び腫瘍を作るこ
とを言います。

それぞれの腫瘍のある場所によって新しく病巣を作る場
所にもその特徴があります。
たとえば、肺に腫瘍が出来た場合は脳に、また大腸であ
れば肝臓というような感じです。

過去に悪性腫瘍がみつかって治療を受けたという人で、
あとでまた悪性腫瘍が見つかったという人は、たいてい
が原発の腫瘍でなくガン転移であると考えられています

しかし、いつの時期にこの現象が起るのかなどといった
メカニズムに関しては、それぞれ異なるので一概にどう
とは言えません。

原発巣がかなり大きなものであっても、まったく他に腫
瘍がみられない場合もあれば、小さい原発巣でも体中に
ちらばってしまうこともあります。
治療としては、手術のほかに抗がん剤を使った化学療法
や免疫療法などさまざまな治療を組み合わせて行われて
います。

その治療方法については、患者の体の状態や年齢や腫瘍
の場所などいろいろなことを考え合わせて決められます

手術では病巣だけを切除せず、その腫瘍のまわりも大き
めに切除することがあります。

それは、まわりの組織に細胞が浸潤している場合があり
今後、悪性腫瘍となる組織を取り残してしまう可能性が
あるからです。
これを防ぐためには早期発見と早期治療を行うしかない
のが現在の状況です。

数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜