ガン 喉頭

のどぼとけのところに出来る喉頭ガンは、肺ガンと同じ
く喫煙率が高い人に発生しやすいといわれています。
このところ増加傾向にあり女性の喫煙率の増加により女
性の患者も増えてきているのが特徴です。

また喉頭ガンは、60歳以上の人に多く発生します。
喫煙だけでなくアルコールにも原因があると言われてい
ます。

咽頭ガンのその症状は声帯に発生すると声がかれるとい
うことがみられます。
そして症状が進行していくと呼吸が苦しくなる、痰に血
が混ざっているなどといった症状がみられるようになっ
てきます。
また喉に異物感があって食事が喉を通りにくい、また食
事の時に痛みを感じるといったことも出てきますがそう
いった症状だけでなく見た目にも変化が現れてくること
があります。
たとえば首のリンパ節の腫れが認められる場合もありま
す。

これらの症状があれば、喉頭ガンの可能性も否定できま
せんので、耳鼻咽喉科などを受診することが好ましいで
しょう。
病院での検査はファイバースコープによって腫瘍の範囲
をみたり、発声しながら喉頭の状況をみたりします。

また病気が疑われる場合はさらに入院して検査をして詳
しく調べます。
咽頭ガンが原発巣の場合は治療は放射線や手術が行われ
るのが主流です。

手術は声帯を一部残す手術と全部摘出する手術があり、
声帯を一部残す手術だと多少、声は出にくいものの声を
失わずにすみます。
しかし病状が進行している場合は食道発声や電気喉頭な
どの練習をする必要があります。

この病気の治療では声を残すかどうかの判断をすること
が非常に大切になってきます。

数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜