ガン 皮膚

皮膚は大きく分けて、表皮、真皮、皮下組織
の三つがあります。
この三つをそれぞれ構成している細胞が悪性
化したものをまとめて、皮膚ガンといいます。
皮膚ガンの種類は多くありますが、
表皮の中間部の有棘層に生じる有棘細胞ガン、
表皮の最下層の基底層に生じる基底細胞ガン、
メラノーマとも呼ばれる悪性黒色腫などが
代表的なものです。

有棘細胞ガンは、皮膚が赤く盛り上がり、
表面は出血しやすくなっていて、
つまむとシコリがみられることがあります。

基底細胞ガンは、皮膚が黒色や暗い茶色に
軽く盛り上がります。
一見ホクロに見えるので、症状を自覚してい
てもガンの発見が遅れる傾向にあります。
ガンが進行すると、盛り上がった部分が少し
ずつ大きくなり、中心が陥没して潰瘍になり
ます。
この潰瘍は出血しやすく、かさぶたが繰り返
し出来たりします。
痛みや痒みなどの症状はほとんどみられませ
ん。

悪性黒色腫は、ホクロのようなものが生じま
す。
短期間で目に見えて大きくなったり、ふちに
シミがみられる、しこりのような硬さがある
などといった症状がみられます。
また、爪に出来た場合には皮膚と違って、爪
の表面に暗い茶色のスジがみられます。
このスジは縦に走っていて、一年ほどの短期
間で色が濃くなり、スジの幅が大きくなりま
す。

皮膚ガンの治療は、基本的にガンそのものを
切除する外科療法が用いられます。
ガンが進行して広がっている場合には、抗が
ん剤を投与して、散らばった小さなガン細胞
を死滅させます。

皮膚ガンは比較的早期に発見しやすいので、
異変がみられたら速やかに医療機関で検査を
受けましょう。

数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜