ガン すい蔵

膵ガンは、すい臓に悪性腫瘍が生じる病気です。
主に膵管と呼ばれる、膵液を運ぶところの細胞
から発生します。

膵ガンは特徴的な症状がみられず、診断が困難
です。
初期の自覚症状としては、なんとなくお腹の調
子がおかしいといった漠然としたもので、膵ガ
ン特有のものではありません。

しかも、すい臓は胃と背骨に挟まれており、両
側には十二指腸と脾臓が接していて、体の真ん
中の、深いところにあります。
そのため超音波検査では音波が通りにくく、膵
ガンに罹っていても、発見することが難しいの
です。

膵ガンが進行すると、さまざまな自覚症状が現
れます。
すい臓のすぐ近くには多くの神経が通っている
ため、すい臓に発生したガンは神経を侵しやす
く、お腹や背中の痛みを生じさせます。

また、すい臓は消化液を作り出し、膵管を通し
て消化管へ送るという役割を担っています。
ガンによってこの働きが悪くなったり、栄養を
ガンそのものに取られてしまうことによって、
体重の減少がみられます。

すい臓の頭部と呼ばれる右側の膨らんだ部分に
ガンが出来ると、胆管をつまらせてしまいます。
胆管は老廃物を腸に送り出す働きをしているの
で、これがつまってしまうと、血液の老廃物で
あるビリルビンという黄色い色素が体内に溜ま
っていき、皮膚や白目が黄色く変色する黄疸と
いう症状が現れます。

すい臓は重要な臓器に囲まれているため、他の
ガンに比べて治療が難しい傾向にあります。
しかし、早くに発見すればそれだけ治る可能性
が上がります。
漠然とした症状がみられる場合にも、医療機関
で十分な検査を受けることが大切です。

数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜